WHAT'S MISSION

G/P galleryは2008年の発足以降、「コンテンポラリーアートの写真」をミッションとして、日本写真の活性化につとめてきました。小山泰介、細倉真弓、横田大輔、小林健太、Nerhol、川島崇志ら、グローバルに活躍する若手フォトアーティストを輩出してきたG/P galleryは、2019年、東京から浜松へと拠点を移しG/P newplatformへとシフトし新たなスタートを切りました。「movement sound & vision」という新たなスポットを拠点とし、浜松から世界に向けた「コンテンポラリーアートとしての写真」の発信するべく、写真展やフェスティバルの企画、シンポジウム、artbeat publishersの出版活動など、精力的に活動していきます。

 

With a mission of “contemporary art photography,” G/P gallery has dedicated our passion for promoting Japanese photography since 2008.

 Produced many young photo artists who play on the global stage, G/P gallery was relocated from Tokyo to Hamamatsu and newly shifted to G/P newphotoplatform in 2019. 

We have based at the spot of movement sound & vision in Hamamatsu, and will actively work on planning photo exhibitions, festivals and symposia, managing for TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD, publishing from artbeat publishers to promote contemporary art photography to the world.