top of page

vol.4 789,683

鈴木希果, 宮原野乃実

Curated by Ryusei Ichinose

 

2023.12.17(Sun) - 1.21(Sun)

13:00 - 19:00

Statement

浜松市の行政区が 7 区から3 区へと削減される。 「平成の大合併」以後、再び行われる「設定 (configuration)」

は私たちにどのようなことをもたらすだろうか。 土地の境界を「設定」することの営みは16世紀イギリスから顕在 化する。その動きは第二次囲い込みが行われた産業革命以降、 生産性の向上と効率化の諸力によって加速度的に発展してきた。 しかし、こうした境界の「設定」は単に行政的あるいは産業的意 味のみにとどまらない。境界が「設定」されることは無 / 意識的に その土地の共同体を分裂 / 生成させていくことでもあるのだ。 今回の展覧会ではこうした「境界の設定」と「共同体」について 思考をめぐらせる。 展覧会を構成する作家の一人、宮原野乃実は人が紡いできた歴 史の結節点としての現在から過去を眺める試みを提出する。一方、 もう一人の作家である鈴木希果は大地と都市の精神的分断を繋 ぐ媒介としての陶芸に関心を持ち「プロセスとしての “陶芸”」を 展開する。

「惑星的(planetary)」と形容される時代の共同体はもはや土地 やその境界に意味を与えないかもしれない。それでもまだ私たち は、それらから完全に自由であるわけでもない。この宙吊りの分 裂的な状況へ私たちはどんな「返事」をできるだろうか。

スクリーンショット 2023-12-27 10.28.42.png
bottom of page