Kenta Cobayashi+Daisuke Yokota THE SCRAP

Collaborative work by Kenta Cobayashi and Daisuke Yokota.
Limited to Edition 5.

1200×1800mm

If you would like to pay by wire transfer, please contact us using the contact form.
Once you have ordered from this site, you will be invoiced for shipping costs.

 

小林健太と横田大輔によるコラボワーク。
エディション5限定。

1200×1800mm

振り込みでのお支払いをご希望される場合には、コンタクトフォームよりお問い合わせください。
また本サイトよりご注文いただいた後、送料のご請求をさせていただきます。

 

As we move from the 2010s to the year 2020, Daisuke Yokota (born in 1983) and Kenta Cobayashi (born in 1992) are extremely important not only in Japan, but also from a global perspective.

The SCRAP is a special and rare collaboration between these two artists. It is worth noting that each of these experiences became a "crossroads" for the two artists thereafter.

Yokota has had a solo exhibition at the Foam Museum of Photography in Amsterdam, and has received numerous international awards. Last year he received the Kimura Ihei Award, the top prize for photography in Japan.

Kenta Kobayashi has also had solo exhibitions in the United States, Italy and Belgium, as well as commission works for Dunhill and Louis Vuitton.

However, their styles are both experimental, and at the same time, they pose a fundamental question about what photography is in the digital age.

Yokota consistently raises the issue of materiality in photography, sometimes creating works that digitally scan the metamorphosis of film itself without the need for images. Cobayashi, on the other hand, is a thorough digital native, daring to transform the information he inputs through photography into a physical drawing act.

The SCRAP is created through a process of mutual exchange of prepared images via email, and the process of continuous processing, in multiple layers.

This act can be seen as a response to the aporia of how creation is possible in an age in which the entire world has been digitized and everyone is inevitably destined to live in a virtual world.

Yokota's photographs have a paradox: they move forward while destroying the photograph itself. Cobayashi, on the other hand, sees the playful transformation of information as something endless (something with no dead end), and as a result, despite the title, the work is not ruinous, but rather a work worthy of being called "a life form" or "something to come".

Kenta Cobayashi called this work "like music", and here is the birth of a "new aesthetic", which is almost miraculous.

 

2010年代から2020年への流れの中で、横田大輔(1983年生まれ)と小林健太(1992年生まれ)は、日本だけでなく、グローバルな視点で見ても、極めて重要なアーティストと言えるだろう。

この『THE SCRAP』は、その2人ががっちりと組んで行った特別でレアなコラボレーション作品なのである。このそれぞれの体験は、その後の2人の「分岐点」ともなったことでも注目に値する。

横田は、アムステルダム のfoam写真美術館でも個展を行い、また国際的な賞も数多く受賞してきた。日本の写真賞のトップである木村伊兵衛賞も昨年受賞した。

また、小林健太もアメリカ、イタリア、ベルギーなどで個展を行うにとどまらず、ダンヒルやルイヴィトンのコミッションワークスも大きな話題となった。

しかし、彼らの作風は共にエクスペリメンタルであり、かつデジタル時代における写真とは何かという根源的な問いを突き付ける。

横田は一貫して、写真におけるマテリアリティを問題にし、時にはイメージなしに、フィルムそのものの変成をデジタルスキャンし、作品にする。一方、小林は徹底したデジタルネイティブであり、撮影により入力した情報を、あえて身体的なドローイング行為によってトランスフォームさせることにこだわる。

この『THE SCRAP』は、用意した画像をメールで互いにキャッチボールし合い、加工し続ける過程を、何重にも行うことで、画像生成されている。

この行為は、世界全体がデジタライズされ、また、ヴァーチャルワールドに、誰もが不可避的に生きることを宿命づけられた時代に、どのようにクリエイションが可能か、というアポリアへの返答ともいえるものだ。

横田の写真は、写真そのものを破壊しながら前に進むパラドックスをもつ。それに対して、小林は、情報のプレイフルな変化を、エンドレスなもの(デッドエンドのないもの)ととらえており、その結果、タイトルとは裏腹に、作品は廃墟的なものではなく、「生命体」あるいは「来るべきもの」と呼ぶに値する作品に仕上がっている。

小林健太は、この作品を「まるで音楽のようだ」と言ったが、ここに、奇跡的といってよい「新しい美学」が誕生したのである。

 

Kenta Cobayashi:

Born in 1992, Kanagawa, Japan. Graduated from B.F.A in Painting, Tokyo Zokei University. His recent exhibition includes Photographic Universe, Fotografia Europea 2019 (Reggio Emilia, 2019), Insectautomobilogy / What is an aesthetic?, G/P gallery (Tokyo, 2017). In 2019, he collaborated with Dunhill Spring / Summer collection 2020, and worked on the campaign image for Louis Vuitton Men's Fall / Winter Collection 2019 led by Virgile Abloh.

Daisuke Yokota:

Born in 1983, Saitama, Japan. Graduate of Nippon Photography Institute. As the winner of the first Outset | Unseen Exhibition Fund at Unseen Photo Fair 2013, he presented a solo exhibition at Foam Photography Museum, Amsterdam, in 2014 with a series of his work that has been added to the museum collection. He was also awarded the John Kobal Residency Award in 2015 at Photo London and won the Paul Huf Award in 2016. In 2015, he performed at Shashin: Photography from Japan, New York, and participating in In the Wake Japanese Photographers Respond to 3/11, Museum of Fine Arts, Boston, Another Language, Rencontres d’Arles as well as trans-tokyo / trans-photo, Jinmei x Arles International Photo Festival.

 

横田大輔 :

1983年、埼玉県生まれ。日本写真芸術専門学校卒業。2013年、Unseen Photo Fair において「The Outset ⅠUnseen Exhibition Fund」初の受賞者となり、翌年2014年にFoam写真美術館にて個展を開催、作品が同美術館にコレクションされる。2015年、Photo LondonにてJohn Kobal Residency Awardを受賞、2016年にはPaul Haf Awardを受賞。主なグループ展に「In the Wake Japanese Photographers Respond to 3/11」(ボストン美術館)、「Another Language」アルル写真フェスティバル(フランス)、「trans-tokyo trans-photo」集美xアルル国際写真フェスティバル(ともに2015)など。

小林健太:

1992年、神奈川県生まれ。東京造形大学卒業。主な個展に「Photographic Universe」Fotografia Europea 2019(レッジォエミリア、2019年)、「自動車昆虫論/美とはなにか」G/P gallery(東京、2017年)、主なグループ展に「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」水戸芸術館(水戸、2018)「GIVE ME YESTERDAY」フォンダツィオーネ・プラダ・ミラノ(イタリア、2016年)などがある。2019年には、ダンヒルの2020年春夏コレクションとのコラボレーション、またヴァージル・アブロー率いるルイ・ヴィトン、メンズ秋冬コレクション2019のキャンペーンイメージを手がける。

 

    Kenta Cobayashi+Daisuke Yokota THE SCRAP

    ¥1,100,000価格