2002年/リトル・モア


THE DAY BOOK第4弾。ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの本をつくりにハバナへ。ロンドンではブライアン・イーノと「感覚の質」の対話。バンクーバーに飛んでD・クープランドと「未来」について語った。故A・C・ジョビンの家での坂本龍一のレコーディングについて行った。相変わらず逃げようとして、結局戻ってるだけみたいな気がする。ただ、どこへ行っても太陽は笑っている。いつだって、新しい今日がある。リオ〜ハバナ〜沖縄〜ラテンの国々へ。身体が感応するままに、グッド・バイブレーションに触れる、世紀末から新世紀への旅の記録。出会い、拾い、綴った日記本、クロニクル'90年代の完結篇。

 

主な収録作品—池間島/ダグラス・クープランド/トニー・ガトリフ/赤坂真理/田村隆一/ハバナ/高橋恭司/叶えられた祈り/GO GOモンスター/ロバート・メイプルソープ/ポーラX/夜になるまえに/コンパイ・セグンド/リオ/リタ・アッカーマン/ブライアン・イーノ/ジェームス・ラブロック/アラン・ウォーナー/ヴィンセント・ギャロ/坂本龍一/長澤節/草間彌生/テリー・ライリー/ヴェルーシカ/ソフィー・カル/荒木経惟/柄谷行人/張芸謀/青柳拓次/UA/竹村延和/などインタヴューとルポタージュ、ポラロイド写真36ページを収める

太陽は笑っている 後藤繁雄

¥2,800価格