• G/P newphotoplatform

【受賞情報】横田大輔さん、木村伊兵衛賞受賞

最終更新: 7月30日

第45回「木村伊兵衛賞」を、横田大輔と片山真理の2氏がW受賞したことが発表されました。

1975年に創設され、それ以降日本の写真界を担う優れた写真家を毎年選出する、日本ではいわば登竜門と呼ばれる木村伊兵衛賞。過去には、石内都や澤田知子、ホンマタカシ、鷹野隆大などが受賞しています。

選考の詳細は、3月19日(木)発売の『アサヒカメラ 4月号』で紹介されており、4月21日から東京・ニコンプラザ新宿、5月14日(木)からはニコンプラザ大阪で受賞作品が展示される予定です


海外ではすでに人気の高い横田さんですが、今後国内でもますますのご活躍が見られそうです。本当におめでとうございます!


最新刊のIMA vol.31では、横田大輔特集として、作品、アーティスト本人のインタビューや対談が取り上げられています。G/P + abpのディレクター、後藤繁雄のインタビューも掲載されています。

『IMA 2020 Spring Vol.31』














《artbeat publishersで出版・取扱中の写真集》

site/cloud』2013(sold out)



CORPUS』2014

『Matter / Burn out』2016




『invisible man / magazine#6』2019



『G/P Limited Edition undergroudprints』2019





43回の閲覧

最新記事

すべて表示

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2020 審査結果発表!

2020年7月12日(日曜日)に行われた、TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2020の公開審査会により、今年度のグランプリが決定いたしました。 ●グランプリ 羽地優太郎『イメージの棺桶』 2001年、沖縄県生まれ。東京綜合写真専門学校在学中。 テクノロジーの急速な発展が我々が住んでいるこの次元または、その物質性、非物質性が混在する現代は新たな感触が身を潜め、そして、私はそこに